ーThe well of a frog in the well ー
作品 ー紡ぐ人ー

 

職人は過去から受け継いだ技術を今に活かし、未来に伝えて行く。

 

たまらなく憧れる存在です。

 

きちんとした流れの中に、積み重ねの中にいる。

 

そのことがとても大切だと思うのです。

 

 

作品 comments(0) trackbacks(0)
日記 ー台風接近中な日曜日ー

 

台風が接近中。
一日缶詰な休日。
こんな日はこんな絵を描きたい気分。

行く先は「鳥にしようかな?」「ゴリラにしようかな?」

くらいに決めておいて、後は絵の具と水と筆と木の反応をみながら。

自分の技術とそれらがやりとりしながら1枚の絵になって行くのが

ただただ楽しい。
「楽しいなぁ、楽しいなぁ」と言いながら描く絵はやっぱり楽しい絵になります。

 

 

日記 comments(0) trackbacks(0)
日記 10月20日 人の体

 

一ヶ月振りの病院。

レントゲンを見ると骨が綺麗に治っている!

あんなにバラバラだったのに。

 

この二ヶ月半の間に左足には様々な変化があったけれど一番驚いたのは

術後一ヶ月、足のむくみと皮膚が硬くなったことへの対処法を看護士さんに

教わったときのこと。

 

「よく手当てって言いますけど本当に、こうやって触るだけでいいんです。」

 

揉むでもなく、本当に軽く触れるだけ。

それだけで固くひび割れていた皮膚が見る見るうちにほぐれていき次の日には

かなり元の状態に近くなっているのです。

(干上がった田んぼみたいにひび割れてたんです!)

 

手術だけではない医療というものにとても感動したと同時に

人の体がいかに外部との刺激の中で日々切磋琢磨しているのかと

いうのを目の当たりにしました。

 

もう1つ一ヶ月半くらいたった頃、足の裏の暑くなった皮膚がボロボロと

崩れるように取れ始めツルツルに・・

全く足を地面につけない生活で体が必要ないと判断したんでしょう。

本当に体はすごい。

自分の意識とは違うところで様々な判断をしている。

 

 

 

 

日記 comments(0) trackbacks(0)
作品 ージャコウウシー

 

ジャコウウシは何度か描いているモチーフです。

 

何故か牛には魅かれるものがあります。

 

本当に何でだろう?

 

それを知るために描いているのだと思います。

 

今回も少し見えたような気がします。

 

もっともっと深く沈んで行きたい。

 

 

作品 comments(0) trackbacks(0)
日記 10月5日 通勤電車にて

朝の通勤電車。いつもの通過駅でだいぶ人が減る。

ほっと一息ついてドアにもたれる。

すると一人の外国人の男性が「どうぞ」と席を譲ってくれた。

終点まで、あと一駅。

「ありがとうございます。でも大丈夫です。」と丁重に断るが

「でもちょっとだけでも」と席を離れてしまう。

 

足の怪我から早いもので2ヶ月が経つ。

まだギプスはとれないまでも、だいぶ足は感覚を取り戻し

満員電車にも乗れるようになった。

 

最近では自分が席の前に立つと座ってる人へのプレッシャーになると

車内での立ち位置決めに苦心する。

彼には気を使わせてしまった。有り難さの中にほんのり苦味が混じる。

 

少し離れた場所から声を掛けてくれ、こちらを見つめていた大きな青い瞳を思い出す。                             

きっとこれからも思い出すだろう。この足の傷を見る度に。

 

日記 comments(0) trackbacks(0)
日記 9月12日 怪我をしました。

少し前の話になるのですが、(そして今も続いてるのですが)骨折をしました。
原因は柔道の稽古中の事故。
うまれて初めての手術を終え、今は仕事にも復帰しているのですが

皆さんには本当に迷惑をおかけしています。
何でこんなことが起きたのか?
日頃の行いなのか?
なんの意味があるのか?
こんな状況になり色々と考えましたが
今はこの状況を意味のあるものにしていこうと・・・
この怪我が治った時に意味のあるものだったんだと
思えるように、今しか考えられないこと、感じられないこと
を大切にして行きたいと思います。

本当に健康はありがたいです。

日記 comments(0) trackbacks(0)
作品 ー紫陽花ー

 

仕事からの帰り道、自宅近くの川沿いに公園がある。

 

その公園の桜の木の下に紫陽花がひっそりと咲いていました。

 

暗がりから浮かび上がる色が美しくて

 

紫陽花の絵を描いてみようと思いました。

 

その時浮かんだイメージで。

 

 

 

作品 comments(0) trackbacks(0)
作品 ーある詩人ー

 

なんで自分は絵を描いているんだろう?

 

そんな理由なんてわからないものだと思っていました。

 

でも近頃、やっぱりあるんじゃないか?と思うようになりました。

 

色々なことが1本の線になっていく感触があります。

 

それが絵に表れるように。

 

 

作品 comments(0) trackbacks(0)
作品 ー山ー

風景画を描いたのはいつだろう?

 

確か大学生になって油絵を始めた時に1枚描いたのが最初で最後だったような。

 

風景というものがあまりに大きくて何となく捉えきれない感じがしていました。

 

でもここ数年、旅に出て美しい山を見ると「描いてみたいなぁ」と思うように。

 

自分の故郷もいつも山が見えていました。

 

これからは少しずつ描いていけたらと思います。

 

因みにこの風景は山梨。

 

 

作品 comments(0) trackbacks(0)
作品 ー人物ー

 

久し振りにアップの顔を。

 

意外に髪の毛に時間がかかりました。

 

そろそろ展覧会のこととか考えていきたいなと思っています。

 

 

 

 

作品 comments(0) trackbacks(0)
| 1/46 | >>